CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< ハツニシキ(奥羽244号) | main | 稲の種の起源 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
野生稲
 野生の稲は中国南部、東南アジア、インド、オセアニア、アフリカ、中南米にある。日本では在来の野生稲は見つかっていない。これらのうち栽培稲の原種となるのはアジアに在する野生稲である。
 アジアの野生稲は大きく二つのグループに別れ、それぞれ、現在のジャポニカ種インディカ種の起源となったようである。
 ジャポニカ種に通ずる野生稲は多年生の性質を持ち、現在でも晩秋の頃、稲刈り後の水田に見られる「ひこばえ」はこの性質の名残である。これに対し、インディカ種の野生稲は一年生である。

【記:平成20年12月21日】 
 
▼参考文献
 「DNAが語る稲作文明」 佐藤洋一郎 著
 (平成8年7月30日 日本放送出版協会 発刊)

▼関連リンク
稲の種の起源


 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、本ブログ著者が解釈している事項を記載しております。

| 米の品種 | 10:26 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:26 | - | - | pookmark |