CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< イネツトムシ(いねつとむし) | main | イネゾウムシ(いねぞうむし) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ニカメイガ(にかめいが)
 ツトガ科
 蛾の幼虫で稲の茎の中に入り込み食害する。かつては代表的な稲の害虫と言われたが、最近はほとんど問題になることがない。これは田植え機の普及により移植苗が細くなり、また品種も太さより分けつを期待する品種が一般的になったため、幼虫が稲の茎にできなくなったこと、またコンバインが普及し、稲刈り後の稲ワラをカッターで切断するようになり、稲ワラに侵入した幼虫が越冬できなくなったためと言われる。
 【記:平成20年9月3日】

【江戸期の記録から】
◆以下、農文協発刊「日本農書全集4 耕稼春秋/巻四 稲稼勘弁「病害虫」」
 (宝永四年 土屋又三郎 著)より引用

 秋の彼岸の前後に稲につく虫である。気候が蒸し暑いと必ず発生する。太くなった稲の根もとに夜のうちに現れる。色は白く、長さは一寸ばかりである。多く発生するとその被害は甚大ぶある。(中略)
 蒸し暑い気候のときに出る虫で、穂が出にくくなるほど夜間の気温が下がる年には発生しない。

【記:平成20年9月11日】


 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、田力つながり仲間で解釈している事項を記載しております。


| 害虫 | 00:40 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:40 | - | - | pookmark |