CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< コナギ(子水葱、こなぎ) | main | ウンカ(うんか) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ヒエ/イヌビエ/タイネビエ(稗、ひえ)
 
ヒエ(イネ科ヒエ属)
 田植え直後頃から水田に発芽し、稲に紛れながら成長して出穂する一年草、最も一般的な水田雑草である。寒冷地の作物でもあり「冷え」から「ヒエ」になったとの説もある。
 ヒエにはいくつか種類があるが、水田雑草として一般的なものにイヌビエとタイヌビエがある。これらヒエの区分は外観からの判別し難しいが、イヌビエは小穂が大きい。




【生育の特徴】
 1株あたりの7000粒程度の種子をつけ、代掻き直後あたりから一斉に発芽する。また稲より生長が早いため、7月を過ぎた頃から稲よりも丈が大きくなり目立ち始める。
 ヒエは稲作に適応して進化したとも言われ、出穂するまで稲との判別が付きにくい。ただし規則正しく条間を取って植えられた稲とは異なり、ヒエは不規則に発芽して成長する。このため、水田を眺め、稲葉が不揃でガサガサと重なり合っている場所があれば、出穂しなくても、ヒエが繁茂している場所がわかる。


【田植え後、発芽してきたヒエ】


【稲に紛れてヒエが繁茂している部分】


【農薬を使わない稲作との関係】
 一般に有機水稲稲作では土壌の貧酸素化を促進するため、ヒエ抑草には好都合な環境である。これが有機稲作を好むコナギとの大きな違いとなる。

【農薬を使わないヒエの抑草】
 ヒエは湿性を好み、基盤整備などで乾田化した土壌では少なくなるが、逆に田面の湛水深を大きくしてもヒエは少なくなると言われる。これはコナギと異なり、ヒエの発芽には酸素が必要であるためである。これらヒエの特性から、農薬を使わないヒエの抑草方法が考えられる。
 最も基本となるのは、コナギ抑草と同じく、田植え直後からの深水管理である。これは発芽種子に浮力を与え活着を阻害する効果を期待して行うが、ヒエの場合は深水管理による土壌の貧酸素化により発芽を抑制する効果も期待できる。
 コメヌカやクズダイズ施肥による除草もヒエには有効と考えられ、有機酸による発芽種子の活着阻害以外にも、土壌の貧酸素化によるヒエの発芽抑制の効果が期待できる。長期間湛水する冬期湛水水田では、さらに土壌の貧酸素化が促進されるため、ヒエの抑草に効果が発揮されるであろう。


【ヒエが旺盛に繁茂した有機水田、これでも7俵の収穫が得られた】

【その他】
 縄文中期の環状集落跡である三内丸山遺跡(青森県青森市郊外)では多量のイネビエの種子が発掘されており、食用に供されていたとの説がある。この説の当否はともかく、イヌビエは稲よりも早く、日本に根付いていたことがわかる。

【イヌビエ?著者も良く判別できてない。】


【たぶんタイヌビエだと思う。】

【記:平成20年8月31日】

【江戸期の記録から】
◆以下、農文協発刊「日本農書全集4 耕稼春秋/巻二 稲之類「表田での耕作から収穫まで」」
 (宝永四年 土屋又三郎 著)より引用

 六月の上旬から中旬にかけて二番草を取る。(取り方は一番草と同じ。ただしこのころになると田びえが稲株の中に混じって生えてくるので、稲の一株ごとに入念に田びえを抜き取っていく。田びえは稲とよく似ているので、百姓でなければ区別がつきにくい。(中略)
 さて、話を三番除草に戻すと、田の草を取るときは、稲の一株一株について株もとの土を手でよくほぐしてやわらげ、入念に除草する。また、稲の中に田びえが混じっているから、ことさら注意して取ること。これは秋が近づいて穂が出るようになると稲と見分けがつくので、稲刈り前の八月にひまを見つけて田に入り抜き取るとよい。


◆同、耕稼春秋/巻五 稲勘弁、中打、刈収、麦勘弁、雑事「中耕除草について」」
 より引用

 田びえという、稲の苗によく似た雑草がある。この草は稲の苗に先立って茂り、しばらくそのままにしておくと、勢いよくはびこって土の肥料分を奪い取るので、稲の生育をひどく害するものである。油断せずに取り除かねばならない。

◆以下、農文協発刊「日本農書全集6 私家農業談/巻之一 15.除草」
 (寛政元年 宮永正運 著)より引用

 一番草を取り終えたら、間をおかずにすぐ早稲田、中稲田から二番草にとりかかる。(中略)この時期から「田稗」という小さな草が稲に混じって生えてくる。これは稲にとって大敵なので、とくに注意深く抜き去る。ただし「田稗」は稲によく似ているので素人には見分けがつかない。
【記:平成20年9月11日】

▼関連リンク
 ・冬期湛水
 ・コメヌカ/クズダイズ


【記:平成20年8月31日】


 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、田力つながり仲間で解釈している事項を記載しております。


| 水田雑草 | 22:18 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - | pookmark |
20120607 発信
 
 前略
 初めまして。 宮崎県在住の 阿萬 武と申します。
水田を180a耕作しています。今年から水稲栽培を始めた者で、まだ見習い中です。

 毎年の事なのですが、特定の20a(2反)だけが、ヒエ雑草が極端に繁殖して、草取りに苦労しています。

 田植え後の除草剤は、クサトリエースLジャンボ(畦から投げ入れる薬)を、10袋/反 播いてますが、上記の2反だけが、ヒエが大量に繁殖してしまいます。

 日照や風通し性は、他の田圃と同じくらいです。

 水深深さが足りないのでしょうか?
田圃の土壌中にヒエの根が生き延びているのでしょうか?
田圃の地起こし時に、早くから ヒエ除草剤を播いた方が良い効果が出るのでしょうか?

 お忙しい中申し訳ありませんが、何かアドバイス頂けたら幸いです。
 どうぞ宜しくお願い致します。
                  敬具
| 阿萬 武 | 2012/06/07 7:07 AM |
 こんにちは阿萬さん、返信遅れまして失礼します。

 場所が宮崎県なので、このブログのフィールドである宮城県とは気候条件が異なると思います。また、本ブログは無農薬をテーマとしてるため、農薬の利用についてはアドバイスするだけの知識を持ってません。

 以上を前提に述べますが、同じように除草剤を撒いているのにかかわらず、特定の水田にヒエが多く出るのは(そのような水田は多く見られます。)、何らかの利用があってのことだと思います。とりあえず思いつくのは以下。

・畦畔の高さが不十分で深水ができない。
・暗渠排水が無く乾田化が不十分。
・過去に不熟厩肥を投入するなどでヒエの種子が多く入り、ヒエが根付いている。

 まずは注意深く対象水田の形状や周囲との環境、過去の営農履歴等を確認し、他の水田との相違を比較しながらヒエが増える(と思われる)要因を探し出していただけたらと思います。そうすることで除草剤投入量の削減につながればなによりです。
| 田鴨 | 2012/06/10 12:44 PM |