CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< 冬期代掻き(とうきしろかき) | main | トロトロ層(とろとろそう) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
春期湛水(しゅんきたんすい)
  冬期湛水は「農薬を使わない稲作」にとって魅力であるが、水利条件からこれを行えない水田が多く、そのため3〜4月から湛水を開始する「春期湛水」を行う農家もある。
 冬期湛水水田の「農薬を使わない」営農効果は、軟弱な土壌である「トロトロ層」の形成によるところが大きいとされるが、この土壌はイトミミズの生態活動により形成されるようである。
 農薬を使わず、冬期湛水を行う水田のイトミミズは「稲と雑草と白鳥と人間と」の調査結果から3月以降に繁殖が著しくなるようで、それを考慮すれば例え短期間の湛水であっても、春期湛水にはそれなりの営農効果が期待できるかもしれない。

▼関連リンク
 ・冬期湛水
 ・トロトロ層

▼参照リンク
 チーム田力/イトミミズ調査

【記:平成19年9月10日】


 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、田力つながり仲間で解釈している事項を記載しております。

 
| 農薬を使わない稲作 | 14:39 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:39 | - | - | pookmark |