CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< 農薬を使わない稲作(のうやくをつかわないいなさく) | main | 春期湛水(しゅんきたんすい) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
冬期代掻き(とうきしろかき)
 代掻きは田植え直前の春期に行うのが通常であるが、冬期代掻きは冬期に代掻きを行う。これを行うのは、より効果的な冬期湛水効果の発現を目指すためである。
 冬期湛水は雑草の発芽抑制効果があるとされる「トロトロ層」の形成を期待して行うが、田植え直前に代掻きを行えば、田面表層に形成されたトロトロ層は撹拌され、その効果も半減するであろう。
 そのため冬期湛水は不耕起と併せ行うことで、より大きな効果が発揮できるとされている。しかしながら耕起も代掻きも行わない不耕起は、コンバインなど農作業機械の走行等により生じる田面の凹凸をそのままに残すことになる。この凹凸があると田面の水深を均等にできず、水深の浅い部分から雑草が発芽しやすくなる。
 このため、冬期に代掻き行って後、冬期湛水を行えば、田植え期までに均平な田面の上にトロトロ層が形成され、より効果的な雑草抑制効果の発現が期待できると考えられた。この冬期代掻きを実践した事例はいくつかあるが、期待したほど大きな効果は無かったようである。

▼関連リンク
 ・代掻き
 ・冬期湛水
 ・トロトロ層

【記:平成19年9月10日】


 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、田力つながり仲間で解釈している事項を記載しております。

 
| 農薬を使わない稲作 | 00:06 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - | pookmark |