CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< 総督府治下の朝鮮農村部(農村構造の課題) | main | 総督府治下の朝鮮農村部(食文化) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
総督府治下の朝鮮農村部(主な農産物)
以下、「大東亜共栄圏と農業」より引用

☆   ☆   ☆   ☆   ☆


 また農作物の主なものには、

【米】 米は半島農産物中、第一に位する重要品で半島人が日常の糧食として消費する高は莫大であるも、なお内地に移出する高もまた第一位にある。就中慶尚・全羅の南部の地、その産出多く、黄海・忠清・京畿これに次ぎ、北方の地方最も少なし。

【麦】 大麦・小麦を主とし、燕麦これに次ぎ、裸麦は少し、大麦らは春蒔・秋蒔ありて、京城以北は春蒔多く、以南は秋蒔多し、小麦は秋蒔、燕麦は春蒔多く山間狭溢の地に栽培するもの多し。

【綿花】 綿は江原道の東沿岸および咸鏡道を除く外各地ぼとんどこれを栽培せざるなきも、全羅・慶尚の両道は産地にして、忠清南北両道に次ぐ、綿質繊維長くして弾力に富み、各種の用途に適する、近年米国種・陸地綿の栽培盛んになり、内地に移出する量漸次増加しつつあり。

【煙草】 半島における特殊農産物の最も重要なるものである。全道至るところ、その栽培を見ざる無く、京畿・平安・江原・忠北・全北・慶南・黄海の諸道は何れも主産地に属し、これら主産地には専門の技術官を派遣し、改良発展に奨励している。又各地に煙草試験場および専売所を設置している。

【人参】 薬用人参は半島の名産で、至る所に産する古来高麗参と称し、世界に尊ばるるは京畿道開城附近に産するものに限っている。故にこの地方は古くより人参栽培盛んに行はれ、従って耕作法も大いに進歩している。当局においては紅参専売法を施行してその栽培を奨励している。

【果実】 半島の風土は極めて果樹生育に適しているので、京城・仁川・釜山・大邱・太田・半塘・三浪津等初め、各地果樹栽培に従事するもの多し、桃・梨・芋果・柿・ナツメ、その他良品を生産している。

【畜産】 牛は農耕に使用し、運搬用を兼ね、肉用として需要を極めて多く、又乳牛も到処に飼養す。体格偉大・体質強健にして、しかれども性質温順なるを以て、児童もよく之を牧御し得べく、其の価格もまた廉にしてかつ使役及び肉用に適するを以て内地に移出し、ソ連・支那に輸出している。
 馬は体格矮小なれども比較的力強くよく険路峻阪の跋渉に耐へ、主として運搬・耕用に利用せられ、性温順なれば子供もよく之を牧御し得るのである。
 ロバは乗・駄兼用に両用するもその数少なし、
 豚は普ねく飼養せられ、牛と同じく到る処見させるなし、其の生産・牛に次ぐ、体格矮小、晩熟にして品種優良ならざるも近来大に改良したいり、多くは冬季の食用とし、剥皮すること無く熱湯を注ぎて毛を去り、食するのである。
 その他山羊・家禽・密蜂等の飼養も近来盛んとなる。

【蚕業】半島における家蚕業は古来より行われたるも僅かに自家用に過ぎざりしが、総督府の奨励により、近来大に発展して内地同様在来の面目を一新するに至った。社会の各種階級を通じて簡易適切なる副業なるを以て、将来各般の発達を見ることは明らかである。
 作蚕業は従来ほとんど経営するもの無かりしが、近来当局の指導奨励により、多数の飼育者を見るに至り、さの産額大に増加し、将来有望の産業となっている。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆


出典)「大東亜共栄圏と農業」/谷本亀次郎 著/昭和16年10月6日発行/秦文館



 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、本ブログ著者が解釈している事項を記載しております。

| 稲作の歴史 | 14:17 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:17 | - | - | pookmark |