CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
<< ハス/蓮、はちす | main | サルノコシカケ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
萩/ハギ
マメ科ハギ属、秋の七草のひとつ



















 秋萩の散りの乱ひに呼びたてて鳴くなる鹿の声の遥けさ

 雲の上に鳴きつる雁の寒きなへ萩の下葉はもみちぬるかも

 雁は来ぬ萩は散りぬとさを鹿の鳴くなる声もうらぶれにけり 


 萩は『万葉集』でよく詠まれる花で、鹿や雁と併せ詠まれることが多い。萩が彩る静寂の秋に、鹿と雁の鳴き声が良く染みいるのだろう。









 萩は宮城野萩が最も美しいと言われる。そして秋の雁は、宮城にその多くが飛来する。それゆえに、萩と雁が織りなす万葉の歌は、宮城にこそ、その情感を深める。

 しかし、万葉の頃、宮城は未だ蝦夷の勢力が残る東夷の地であり、万葉歌の舞台があったとは思えない。

 この頃、雁は日本全国に飛来していた。それは、日本各地に、雁の外敵を防ぐ湿地が各所にあったからである。このような自然の大地は、江戸時代以降、順次開拓されていった。現在において、雁が羽を休めることのできる湿地は 数少なく、その大部分が宮城県北部に集中する。日本に飛来する雁の八割が、そこで越冬すると言われる。


注1)森と人との関わりに関係する記録を綴っています。
注2)黒文字は一般事項を、青文字は編者らの雑感を、茶文字は文献からの引用を記してます。
注3)場所の記載が無い写真は、宮城県加味地方の山林で撮影しています。

| 万葉カラー | 01:33 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:33 | - | - | pookmark |