CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
自然栽培の田力の米
農薬を使わないお米、肥料を使わないお米を宮城県から全国に発送します。

 自然栽培米のお届け

【2012年産の新米 出荷開始】

B_fureaiS.gif

 いにしえの品種、その野性味が自然栽培でよみがえります。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_bamboo_20120319235249.gif

 自然栽培のササニシキを天日干しにしてみました!おてんとの味わいをお楽しみください。
宮城県色麻町から

【2012年産の新米 出荷開始】

B_woodartbag.gif

 でんでんむしむしカタツムリ、自然栽培の六次産業を目指します!
宮城県石巻市和渕から

自然素材の農業資材
工場は津波で流された。だけど竹チッパーは10トン車の下から発掘できました!

RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

田力ノート

無農薬、無肥料稲作栽培の記録から
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
契約講
 農村集落の相互扶助を目的とした自治組織。鍬柄講、あるいは六親講とも呼ばれ、明治以降には神風講社、実業団、青年会、契約会、神武結社と呼ばれたこともある。仙台藩内に濃密に分布するが、気仙沼地方には少ない(注1)。
 もともと飢饉の備えなど相互扶助の約束事「契約」に、信仰的要素としての仏会「講」を加え、「契約講」としたものと言われる。文献上では村の寄合に欠席した場合の罰金を記した近江国の村極文書(1448年)が最も古く(注2)、宮城県内各地では江戸初期以降から契約講の規約が見いだせる。

 契約講はある一定のまとまった単位集落内の世帯主などが講員(会員)となって構成される。講員は契約講の議決・承認を得て入講し、冠婚葬祭や屋根替え、農耕など私的作業を相互いに助け合うだけでなく、道路や建築、橋梁の架設など公共的作業も行う。同様のものに農作業を協力して行う「結い」があるが、契約講は具体的な組織と規約を持ち、相互扶助団体としては、具体的で確固たる実態がある。

 戦後の農地改革や行政区の設置、その他生活様式の変化は集落内の社会構造を変化させ、現代においては葬儀以外に、契約講の機能は薄れつつあるが、それでもなお厳然として集落内に命脈を保っている場合が多い。

▼総会
 契約講の運営は総会により決定される。通常は年2〜3回程度の頻度で開催され、この営みが江戸時代から現在まで続けられている。ただし、最近では農村社会生活の変化から構の役割は減っており、総会も年1回に留める場合が多い。総会では会費や役員改選、規約改正や相互扶助に関わる諸々の取り決めを協議する。
 総会の会場は、持ち廻りにより講員各々の家で開催され、これは各自の家の清掃、改築の良い機会となったが、最近では、集会所や料亭で行われる場合が多い。

 東北地方は幾たびも飢饉や災害に見舞われ、その度に契約講の存続も危ぶまれたが、具体的な規則を持ち、厳正に運営される契約講は、その度に難をくぐり抜けている。これは契約講そもそもの目的が相互扶助にあり、飢饉や災害の度に、その必要性が認識されるからであろう。

▼葬儀
 現在において、契約講の機能が発揮されるのは葬儀であり、講員の家で亡くなった者があると、死亡診断書や死亡届、埋葬許可などの手続き、葬具の買い出し、親類縁者への通知、葬儀に関する役割など、輪番制で講員が分担し、手助けをする。さらに火葬が普及する以前は穴堀、六尺など埋葬にかかる役割分担も定められていた。
 近年においては、葬儀社が装具を用意するなど、各種面倒を取り持つようになったが、それでもなお、講の果たす役割は大きい。

▼財産
 冠婚葬祭で用いる諸道具は契約講の持ち物とし、一定経費により講員に貸し出された。また田畑を所有して小作に貸したり、山林を所有して植林して、そこからの利潤を講の運営費としたり、あるいは草地を所有して屋根替え用の萱などを確保した。

▼罰則
 講の名誉を汚したり講員の忌諱に触れる者、村のしきたりを守らなかった者など、講中の協調を乱す者は脱会を申し渡され、村八分の制裁を受けることがある。即ち、集落の隣近所からの絶縁されるのであるが、それでも火事と葬式だけは扶助された。
 相互扶助により生活していたかつての農村では、村八分になれば生活が困難となるが、村八分された者でも、有力者の力添えで許してもらう場合が多かったようである。

▼頼母子講
 物品や労力を相互扶助するのが契約講だが、頼母子講では講員が一定の金額を出し合って資金を備え、災害や物品購入など、相互扶助のため不足の資金を賄う。


(注1)気仙沼市史(検法峙だ臂唾亙の契約講」より
(注2) 矢本町誌(第二巻)「第七章 信仰と生活

【記:平成23年6月12日】 
 

 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、本ブログ著者が解釈している事項を記載しております。

| 地域の歴史 | 18:56 | comments(0) | - | pookmark |
丹取郡(にとりぐん)
  8世紀前半の日本の陸奥国(後の陸前国)に置かれた郡。現在の大崎市西部地区(旧玉造郡)に置かれたものと推測されているが、はっきりした場所は不明。 宮城県北地方では最も早い時期に置かれた郡とされる。


色麻町「念南寺古墳」付近の高台から、丹取郡比定方向を眺める




▼続・日本紀の記録

713年 新しく陸奥国に丹取郡を建てた
728年 陸奥国が新たに白河の軍団を設けた。また丹取軍団を玉造軍団と改称することを申請した。何れもこれを許可した。

▼丹取郡の位置の比定

 「丹取軍団を玉造軍と改め」とあるが、従来まで、丹取郡は玉造地方(宮城県旧岩出山町、旧鳴子町)周辺ではなく、現在の名取市周辺にあると考えられていた。
 これは征夷総督府といった趣の多賀城より先に、その北方に郡が置かれるのは不自然であるといった理由からであり、「丹取(ニトリ)」の名称もまた「名取(ナトリ)」の誤記であると捉えられていた。
 しかしながら、奥羽山脈の反対側である出羽地方を眺めれば、

712年 陸奥国の最上と置賜の二郡を割いて、出羽国に附けた。

と「続・日本紀」にある。これは陸奥国府が多賀城に移転(724年)するより早い。そして最上郡は現在の玉造地方に隣接しているから、

 「名取地方」→「多賀城」→「玉造」 といった南から北への流れとは別に、

 「最上」→「玉造」といった西から東への

 奥羽山脈を越える「大和化」の流れがあったとするなら、多賀城より早い時期に「丹取郡」が現在の玉造地方に置かれたとしても不思議ではない。

 さらに、玉造地方と古川市の境界付近には「名生館官衙遺跡」がある。この遺跡からは多賀城より古い7世紀末頃の四面庇付瓦葺の建物を中心とする官衙中枢部が発見されている。この事実は、丹取郡がやはり玉造地方にあったとの印象を強くさせる。

 いずれにしても、現在では丹取郡は名取地方ではなく、玉造地方(旧古川市にほど近い場所)にあったとするのが、現在の通説となっている。

▼丹取郡の地名の由来(湿地に囲まれた場所か?)

 丹取と名取が別の場所にあったするならば、地名についても「丹取(ニトリ)」と「名取(ナトリ)」は別名であると受け取ることができる。
 一般に名取(ナトリ)はアイヌ語の「ニタッ(湿地)ウトリ(間)→ニトゥトリ」に由来すると言われることが多いが、その解でいくならば丹取(ニトリ)のほうがより「ニトゥトリ」に響きが近い。

 もっとも、「ニトゥトリ」的地名は他にも多く、丹取郡が分割して置かれたと推測される新田(ニッタ)柵(地元では「ヌッタ」と発音、現在の登米市西部、続日本紀737年初出)や、新潟市の渟足(ヌッタリ)柵(同647年初出)がある。
 また岩手県の二戸地方には、似鳥(ニタドリ)があり、これはさらに「ニトゥトリ」と響きが近い。

 次に、「ニタッ(湿地)ウトリ(間)」といった地名の意味、つまり「湿地に囲まれた場所」といった地形の特徴を考えれば、名取市近辺は低平地で名取川といっ規模の大きい河川もあり、川に形成された後背湿地も多くあっただろうと推測される。このため名取=「湿地の囲まれた場所」はうなずくことができる。

 新潟の「渟足柵」も信濃川の河口付近にあったとされるので、これも名取と同様の例であろう。

 玉造の「丹取」については、近隣に江合川や鳴瀬川といった大河川はあるにはあるが、低平地と言うよりは扇状地に近く、地形と地名の整合はちょっと弱い。ただし、もう少しだけ東方に目を向ければ、そこに化女沼があるから「湿地に囲まれた場所」と言えなくもない。

 登米市西部の「新田」付近は北上川水系が盲腸のように後背湿地を形成する一大湿地帯で、現在でも水害の被害を受けやすい地域である。そして伊豆沼、内沼、長沼、蕪栗沼といった湖沼群があるから、これはまさに「湿地に囲まれた場所」と言って良いだろう。

 二戸の「似鳥」については、残念ながら、その地形の特徴を語るだけの知識は無い。

 このように、いずれの地名も「ニタッ(湿地)ウトリ(間)」で解けなくもないが、そもそも日本は「豊葦原の国」であり「湿地に囲まれた場所」は数多くある。そのため、先に紹介した地名が「ニトゥトリ」であるかどうかは、地形との関係以外にも、もう少し別の角度から検証材料がほしいところではある。

 アイヌ語地名の本場、北海道では弟子屈町に「仁田(ニタ)」という地名があり、これはそのまま湿地と解されている。

 (出典)北海道庁/アイヌ語地名リスト

▼丹取郡の地名の由来(赤土粘土の土取場か?)

 先に、丹取の地名由来をアイヌ語で考えてみた。これは「丹取」の音からのアプローチであるが、一方で「丹取」という文字を表意的に考えれば、「丹土(はに=陶瓦の材料としての粘土、赤土)を取る場所」とも解される(「奥羽古史考証」藤原相之助著)。
 本ブログ著者は、丹取という地名にはアイヌ語由来説を採るが、この赤土土取場説も魅力的であり、心から離れない。
 というのは、かつて丹取郡があっとされる玉造地方の周辺には、奈良時代前半における陸奥国最大の官窯と言われる色麻町の「日の出山瓦窯跡」や大崎市古川の「大吉山瓦窯跡」があるからである。先に紹介した「名生館官衙」や「多賀城」もこれらの瓦窯から生産された瓦を用い、建立している。
 
 
▼丹取郡のその後
 713年に設置された丹取郡であるが、続・日本紀によれば
 717年以前、陸奥国の管轄する所は、柴田・名取・宮城・志太・黒川・加美・玉造等の諸郡なりとあり、さらに737年、多賀柵、牡鹿柵、新田柵、色麻柵、玉造柵を置くと記されている。このように丹取郡は発展的に分割されていったようである。

 以後、これら諸郡は宮城県の行政区域として現在まで引き継がれることになるが、このような急速とも言える変化が生じた原因として注目されるのが、

715年 相模・上総・常陸・上野・武蔵・下野の六国の、富裕な民1千戸を陸奥国に移し住まわせた。

といった記録である。

 このような過程を経て、「まつろわぬ(服従せぬ)」蝦夷の地は、次第に大和文化に取り込まれいったのであろう。

【記:平成21年10月25日】 

▼参考文献
 「続・日本紀(上)」 宇治谷 孟 訳
 (平成4年6月10日 株式会社 講談社 発刊 )

 「宮城県地名考」 菊地勝之助 著
 (昭和45年5月15日 株式会社 宝文堂 発刊 )
 

 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、本ブログ著者が解釈している事項を記載しております。


 
| 地域の歴史 | 14:22 | comments(1) | - | pookmark |
伊豆野堰(いずのせき)
  江戸時代まで原野であった「伊豆野堰」(栗原市志波姫付近)に水田を拓くために設けた堰。伊豆野原の近傍を流れる河川は水田に水を引くためには高さが低く、そのため河川からの用水取水口である堰は、伊豆野原よりもかなり上流に堰を設けなければならなかった。
 伊豆野堰から、伊豆野原までの導水は地形勾配が得難く、工事は難航を極めたが古内主善の業績により1646年に工事は完成した。
 この工事の逸話は栗原市志波姫では地域の歴史として語り継がれており、郷土の詩人である白鳥省吾は、

  「広き野に生命を与えせんかんと、日と夜となく流れゆく堰」

 と伊豆野堰を賛美している。

▼参考文献
 「宮城県土地改良史」(平成6年 宮城県)【記:平成19年9月10日】


 田んぼに関わる専門用語と、田力つながりで用いている用語を解説します。
 下記の説明文中「黒」で記す部分は一般的な認められた事項を、「青」で記す部分は、田力つながり仲間で解釈している事項を記載しております。

 
| 地域の歴史 | 00:07 | comments(0) | - | pookmark |